第2510地区国際奉仕委員会について

 国際奉仕委員会は、ロータリーの基本理念である四大奉仕に掲げる、職業奉仕の精神をもって、国際的な社会奉仕を行っています。私たちロータリアンが物質的、技術的、専門的な援助を行うことは、困窮する世界の人々の生活を改善し、生きるための環境を整えることにつながります。

 私たち第2510地区国際奉仕委員会では、主にタイを中心にこの支援事業を実践。その内容も、教育や医療支援、衛生的な生活用水確保のための浄水装置、ダム治水事業など、支援の範囲も多岐に亘っています。近隣の諸外国が安全で平和な国でなければ、日本も平和ではいられません。私たちが平和を求めることの一つとして、互いの国のロータリークラブが手を差しのべあうことは、その貴重な一歩となります。援助を受ける側にも、する側にも生まれる笑顔と感謝。この恩恵を生みだす一員であることは、真のロータリアンとして大きな喜びとなることでしょう。各クラブの皆さまには、この事業への更なる理解と参加をお願い申し上げます。